「2016年10月」の投稿一覧

|< 1 / 2 / 3 >|

Canon Kiss x7を購入!

[ 投稿日時 ] 2016/10/7 09:06
[ カテゴリ ] お店のこと

仕事にプライベートに愛用していた
一眼レフカメラが故障・・・。

きっと修理できると思うのですが、
もうかなり使っているということもあって、
思い切って新調しました!


「Canon Kiss X7」

今までは、同じキャノンの入門機「Canon Kiss X2」を
使ってました。

その後継機との位置づけで、とても人気のあるモデルのようです。

今はX8まで発売されてるようですが、新作はちょいと
高いですからね~。これで十分かと。

カメラについてあるレンズが、「単焦点レンズ」と言われるもの。
ズームなどはないですが、一眼レフ特有のボケ味が効いた撮影に
もってこい。

子供たちを撮ったりするときに重宝してるレンズです。

左のレンズは宝石を写すのに欠かせない、
「マクロレンズ」

ホームページに掲載してる写真はほぼこのレンズで。

本体が変わっても、レンズはそのまま使えるのがいいですね♪


まだ昨日に新たなカメラが届いたばかり・・。
これからですが、カメラの進化を感じることはできるかな?

まったく入門者の域をでないけど、
ボチボチといろいろなところに出かけて撮影してみようと思います!






 

天王寺からわざわざご来店

[ 投稿日時 ] 2016/10/6 13:35
[ カテゴリ ] お店のこと

とある1本の電話が。

「今から、お店のほうにお伺いしてもよろしいでしょうか?」

「はい!大丈夫ですよ!どちらからお越しですか?」

だいたいは、箕面だったり、豊中、吹田、茨木、池田。
近辺の地域からのご来店を予想するのですが、

「はい!今、天王寺におります」

たまにあります。ご遠方からのご相談。

天王寺からとなると、当然、大阪市内を縦断してこられるわけですよね。
当然、市内となるとデパート他、たくさんお店がありますよね。

気になります。その中で、当店をお選びいただいた理由。

電車とタクシーを乗り継いでお越しいただきました。

品のある貴婦人でした。

お嬢様へのダイヤのネックレスをリフォームして作りたいとの
ご相談。

早速に、気になる動機をお聞きすると、

「なんとなくですが、ホームページを見た印象が、
私にはぴったりのお店だと思った」

と。

実際、デパートも然り、いろいろとホームページでお店をお探しに
なられたようです。

そして、わざわざ近いとは言えない当店まで
足を運んでいただきました。

大阪弁で気持ちを表現すると
「むっちゃ!!うれしいやん!」

と同時に、期待に応えれるようなジュエリーをお作りしないと!
と身が引き締まる思いです。

このブログのタイトルではないけど、
「一期一会」

色々な形で出会い、そしてご縁があるものですね。

そんなご縁を丁寧に紡いでいきたいですね。



今日は秋晴れ!というかまだ暑いぐらい。。

今から地域誌「シティライフ」さんとの打ち合わせ。

ゴルフが好きな担当者。

記事の打ち合わせはそこそこに、
ゴルフ談義に花が咲くんでしょうね(笑)

がんばります!


 

売る前のお世辞より、売った後の奉仕

[ 投稿日時 ] 2016/10/5 09:05
[ カテゴリ ] 店長の独り言

仕事の役に立てばと思い、
数本のメルマガ(メールマガジン)を購読しています。

その中で、心に刺さった言葉。

というか妙に納得した言葉。

「売る前のお世辞より、売った後の奉仕。
これこそ永遠の客をつくる」

これ、近江商人の言葉だそうです。

吹けば吹き飛ぶような小さなお店。
喉から手が出るほど、利益はほしいです。

これ本音です。

でも、お店をはじめて、もうすぐ5年。
自分の心構え、そして接客姿勢も客観的に見ると、
とても変わってきてるのを感じます。

開店当時は、やっぱり売上(利益)無くしては、
お店が成り立たない・・。

お世辞が上手ではないですが、何とか商談を成立させよう、
成立させようという気持ちは強かったと思います。

もちろん、今も「売上(利益)」が欲しいという気持ちには
一分の狂いもないのですが、

今は、本当にお客様にとって最も良い選択は何か?

を真摯に考え、そしてお伝えすることを意識できるようになりました。

でも、不思議とそんな姿勢に自分が変わることで
結果的にお客様に喜んでいただき、売上も伸びてきてるような気がします。

「売った後の奉仕」

これについても同感で、特に宝石なんかは「サイズ直し」であったり
「磨き」であったり日々のメンテナンスが重要です。

販売させていただいたのちの「アフターフォロー」が大切なことは
いうまでもありません。

実際、多くのアフターフォローを無償提供させていただいてます。

もちろんぶっちゃけた話。そのアフターフォローのサービスの多くは
は職人への支払いが発生します。

目先で考えれば「赤字」です。

でも、長~いスパンで考えれば、お客様に喜んでいただき、
また違った形でご縁をいただくことも多いんですよね。

目先の「赤字」なんて、たいしたものじゃないんです。



「売る前のお世辞より、売った後の奉仕。
これこそ永遠の客をつくる」

とても重く、自分の商売感を実に上手に表現してくれた
近江商人の言葉です。

ちょっと朝から熱く語ってしまいましたね。




またホームページの事例集でもアップしますが、
ステキなオーダーメイドの指輪を作らせていただきました。

ご依頼いただいたお客様も、
このブログをご覧いただいているそうです。

「店長さん、おいしそうな焼き肉食べておられましたね(笑)」

そ、そ、そこですか!!!笑


でも、そういった等身大、そして自然体の自分を
知って頂いた上で、こうやってお仕事をいただけることを
とてもうれしく思います。





 

おめでとう!!そしてありがとう!!

[ 投稿日時 ] 2016/10/4 09:07
[ カテゴリ ] たくさんの仲間

今日はちょっと幸せのおすそ分けを♪

嫁さんの高校・大学の友人がご結婚されました!

嬉しいことに指輪のお世話もさせていただきました♪



結婚披露宴にご招待いただいた嫁さんが、
お約束のポーズをもらってきてくれました。

ほんわかしていてかわいい新婦さん。
年下の新郎はイケメンですよね~。

お店に来てくれたときも、とても爽やかな礼儀正しい
好青年でした。

年上の奥さんへの言葉使いに敬語が混じったりするのが
なんか初々しさを感じました。

長いお付き合いのある友人が結婚するということで、
嫁さんもとても喜んでいました。



指輪は他のゲストの友人達にもとても好評だったようです。

指輪と共にすばらしい家庭を築いてくださいね。

ふと、気づけば、自分も40歳を超え、
すっかり結婚式にお招きいただく機会が減りましたね。

時には月に4回ぐらい結婚式に招待いただき、
金欠になっていたころが懐かしい(笑)

いつになっても、新婚のカップルの笑顔を見ると、
こちらが幸せになりますね。

今、水面下で制作中のWEBサイトは、
「プロポーズを考えてる男性」
のお手伝いをするサービス。

もしかしたら、いろいろな新婚カップルとのご縁を
いただけるかもしれないと思うとワクワクしますね。

七つの会議  池井戸潤 著

[ 投稿日時 ] 2016/10/3 08:30
[ カテゴリ ] 読書

「半沢 直樹」

「下町ロケット」

などの著書で有名な、池井戸潤さんの
「七つの会議」

を読みました。



「読みやすさ」

という面では、この著者の本は随一だと思います。

今回の、この「七つの会議」では、
大手企業内で起こった、不正。

そしてその不正を隠蔽する社内体質。

登場人物、それぞれに視点を切り替えながら、
テンポよくストーリーが進んでいきます。

次の展開が気になって、あっという間に
読み終えました。

もちろんこの小説はフィクションではあるけど、
大きな組織で働くのは大変だなあ~って思いました。

僕自身、組織で働いた経験はわずか3年程度。

それからはずっと自営業。

自営の大変さは身をもって体験してるけど、
組織で働くことに比べれば自由きままに仕事をさせてもらってる
気がします。

歳が40を過ぎ、会社勤めしてる友達もどんどん偉くなってきてます。

大きな会社組織のこと。

そしてそこで働く「やりがい」そして「苦悩」
なんかを聞いてみたいなあ。
|< 1 / 2 / 3 >|

プロフィール

お客さまとの出会い、ジュエリーとの出会い、仲間との出会い。日々の心温まる出来事を自然体で綴る店長、越野泰明のブログです。

ホームページ

動画でもお店の雰囲気をご覧いただけます。