七つの会議  池井戸潤 著

[ 投稿日時 ] 2016/10/3 08:30
[ カテゴリ ] 読書

「半沢 直樹」

「下町ロケット」

などの著書で有名な、池井戸潤さんの
「七つの会議」

を読みました。



「読みやすさ」

という面では、この著者の本は随一だと思います。

今回の、この「七つの会議」では、
大手企業内で起こった、不正。

そしてその不正を隠蔽する社内体質。

登場人物、それぞれに視点を切り替えながら、
テンポよくストーリーが進んでいきます。

次の展開が気になって、あっという間に
読み終えました。

もちろんこの小説はフィクションではあるけど、
大きな組織で働くのは大変だなあ~って思いました。

僕自身、組織で働いた経験はわずか3年程度。

それからはずっと自営業。

自営の大変さは身をもって体験してるけど、
組織で働くことに比べれば自由きままに仕事をさせてもらってる
気がします。

歳が40を過ぎ、会社勤めしてる友達もどんどん偉くなってきてます。

大きな会社組織のこと。

そしてそこで働く「やりがい」そして「苦悩」
なんかを聞いてみたいなあ。

プロフィール

お客さまとの出会い、ジュエリーとの出会い、仲間との出会い。日々の心温まる出来事を自然体で綴る店長、越野泰明のブログです。

ホームページ

動画でもお店の雰囲気をご覧いただけます。