「読書」の投稿一覧

1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 >|

あの夏の正解   早見 和真 著

[ 2021/10/5 16:03 ]

読書の秋です!!今日は心にグッとくる本をご紹介します。



あの夏の正解   早見 和真  著

 
2020年の夏。
 
将来振り返ったときに何を思い出すでしょうか?
 
そう。甲子園がコロナの影響で中止になった夏。
 
 
恐らく、いづれ多くの人には忘れ去られるであろう夏。
 
でも、追い求めていた夢が、あっけなく夢のままで終わってしまった夏。
高校3年生の球児にとっては、生涯忘れられない夏になるでしょうね。
 
 
中止決定の報せを受けて涙する高校球児がテレビに映し出されてるのを
見た時は何ともいえない切ない気持ちになりました。
 
今まで誰もが経験したことのない未曽有の事態。
 
 
球児本人はもちろん、その家族、そして指導者。
 
それぞれの決して正解のない中での苦悩と葛藤を描いた本です。
 
 
そこに描かれている高校球児のたくましさに心打たれました。
 
ここでは高校球児にフォーカスされてますが、他のスポーツのみならず、
色々なフィールドで涙を流してきた人は数知れず。
 
そんな人たちの未来に幸あることを願うばかりです。


追伸 : 
この本で登場する、星稜高校野球部の内山選手。
ドラフトでヤクルトに指名されて入団。

この本を読むとなんか心から応援したい気分になりました!!

 

敗れざる者たち  沢木耕太郎  著

[ 2021/9/30 11:55 ]



敗れざる者たち  沢木耕太郎  著


 
この著者の名前を見て、一番に思い出す作品。
 
それは「深夜特急」という作品。
 
かなり昔。社会人になったころでしょうか・・。
いつか旅とかしてみたいなあ~なんて影響を受けたことがあります。
 
結局叶わずじまいですが、いつか一人旅なんてしてみたいなあ~って気持ちは
今も持っています。
 
さて、その影響を受けた本の著者が、スポーツのノンフィクションを書いている。
 
それだけで読む理由として十分でした。
 
この「敗れざる者たち」の注目点は、敗者にフォーカスをしているところ。
 
多くのスポーツノンフィクションは苦労の過程を経て、最終的に
栄冠を手に入れるという流れが多いと思います。
 
それとは正反対の視点で描かれている点が、今までにないカタチである意味
新鮮な気持ちをもって読むことができました。
 
スポットライトのあたらない面を知ることができる一方で、
著名の通り、敗れて終わる・・。
 
ちょっと切ない読後感が残るのも否めない・・
そんな一冊です。
 

走ることについて語るときに僕の語ること  村上春樹 著

[ 2021/9/14 13:03 ]



「走ることについて語るときに僕の語ること」 村上 春樹 著

なかなかタイトルが覚えれない(笑)

それはさておき、「自分はランナーだ!!」なんて胸を張れるレベルではないのですが、一応、ランナーのはしくれ?

ということもあってタイトルに惹かれて読みました。

著者自身がこの本で言ってますが、作家さんってどこか室内に閉じこもってひたすら原稿と向き合ってるようなイメージをもっていました。

この有名な村上春樹という作家にしても例外ではなく。

むちゃくちゃランナーなんですね。驚きました。

フルマラソン、そしてウルトラマラソン。
そしてトライアスロンに至るまで。

どんな思いをもって、どんな目標を描きながら走ってるのか?
そのような心情が描かれている本です。

せいぜい5㎞~10㎞ぐらいを週に2回ぐらい走るレベルの僕がいうのもなんですが・・。

「走る」ってやっぱいいことだなあ~って思います。

声を大にしていう理由などはないんですが。。。


この本を読んで走るモチベーションが湧いてます。

ちょっと9月はいつも以上に頑張ってみようかな。

未来  湊かなえ 著

[ 2021/9/8 09:01 ]



「未来」 湊かなえ  著

テレビドラマにもなった著者の作品
「夜行観覧車」「リバース」などがとても印象的。

いづれの作品も予想外の展開がとても面白かったのを覚えています。

その印象が強かったせいか、そんな「予想外」を期待しながら、

今回の本を読み進めていったように思えます。

正直、その期待とはちょっと違う展開で、、あっさり終わってしまったかな・・ってのが感想です。

この本のみならず、先にあとがきを読んでから本編を読むのも面白いかな~って思いました。


 

一流の頭脳 アンダースハンセン 著

[ 2021/8/28 13:38 ]

久々の読書レビューです。



一流の頭脳   アンダースハンセン

この後に及んで、頭がよくなりたい・・・
決して、そんな風に思ったわけではないです(笑)

アマゾンのレビューなど結構気になる方で・・・
レビューが高かったので思わずポチ。

 
前に読んだ
 
「脳を鍛えるには運動しかない」
 
とほぼ同じような内容。
 
あらためて運動習慣を大切にしていく必要があるなあ~って感じさせてくれる本でした。
 
ワクチンをうったり、天候不順で少し運動習慣が止まってた時期が続いてましたが・・。
 
・ 週2回の筋力トレーニング
 
・ 週2回の有酸素運動(朝ラン)
 
は継続していきたいもの。
 
やっぱり長く、健康に生きたいから。

元気があれば何でもできる!!

読書習慣も続けていきたいですね~。

 
1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 >|

プロフィール

お客さまとの出会い、ジュエリーとの出会い、仲間との出会い。日々の心温まる出来事を自然体で綴る店長、越野泰明のブログです。

ホームページ

動画でもお店の雰囲気をご覧いただけます。