霧隠才蔵(上)(下) 火坂雅志 著

[ 投稿日時 ] 2016/5/23 17:16
[ カテゴリ ] 読書



やっぱりこの著者(火坂雅志さん)の歴史小説は
わかりやすくて面白いです。

忍者といえば、伊賀、そして甲賀。

そして出てくる名前は猿飛佐助、霧隠才蔵、服部半蔵
ぐらいかな・・。

忍びとは何ぞや?

そして如何に忍びがとある時代においては重要な働きを
していたかがよくわかります。

これを言っちゃったら元も子もないんですが。。

「歴史小説ってどこまで本当なんだろう・・?」

これ、素朴な疑問です。

まっ、細部についてはともかく大きな時代の流れという意味では
歴史小説から学べることは多いですね。

そういや、うちの息子。

幼稚園の時に、
将来何になりたい?という問いかけに

「にんじゃ」って書いてたなあ~(笑)

今はどうなんやろ・・。
また聞いてみよ。


 

プロフィール

お客さまとの出会い、ジュエリーとの出会い、仲間との出会い。日々の心温まる出来事を自然体で綴る店長、越野泰明のブログです。

ホームページ

動画でもお店の雰囲気をご覧いただけます。