八月十五日に吹く風 松岡圭祐 著

[ 投稿日時 ] 2017/10/25 09:42
[ カテゴリ ] 読書

久々の読書レビュー。

いくつか読了した本があったので思い出しながら・・



八月十五日に吹く風

松岡 圭祐 著


太平洋戦争の終盤。


神風特攻隊・玉砕などの言葉に表されるように自身を顧みずに
国に捧げる日本人の精神。

そして命をも顧みない日本人という偏見をかえ、
「人命第一」を唱えた軍人たちによる

キスカ島からの勇気ある撤退を描いた本。

単に戦争は良くない、平和であるべきだ。

そう感想を論じるのは簡単だけど、このドラマには色々な人間模様が
あってどこか爽やかな風を与えてくれる良書だったと思う。


 

プロフィール

お客さまとの出会い、ジュエリーとの出会い、仲間との出会い。日々の心温まる出来事を自然体で綴る店長、越野泰明のブログです。

ホームページ

動画でもお店の雰囲気をご覧いただけます。