最後は笑える日がくるのさ~ビクトリーロード♪

[ 投稿日時 ] 2019/10/21 14:35
[ カテゴリ ] 店長の独り言

こんなにもラグビーを楽しませてくれるとは思わなかった。

そして、こんなにもラグビーに感動させられるとも思わなかった。

強い相手に立ち向かう姿に感動し、ここに至るまでの4年間の物語に心を打たれました。

ちょうど、1年半ほど前、息子がラグビースクールに通いだしたのをきっかけにラグビーに興味を持つようになりました。

そして、このタイミングでワールドカップが自国開催。
この巡り合わせの良さに感謝です。

いつしか日本代表の試合の日には、夕食を済ませて、家族一同、テレビの前に座って声をあげながら代表を応援しました。

幼稚園の娘に至っては、ラグビーのことはわからないにも関わらず、
「ビクトリーロード♪♪ この道~、ずっと~行けば~
最後は~、笑える日がくるのさ~、ビクトリーロード」
とフルコーラスをうたえるようになりました(笑)

息子も「友達がいるから」。
そんな動機で始めたラグビー。

ワールドカップのテレビ、雑誌を見ては、
「リーチ、松島、福岡、姫野、イシレリ!」などと関心を示すようになりました。

そんなタイミングを見計らって、
「パパ、朝ランするけど、その時にラグビーのパスでも練習する?」
と尋ねると、

特に嫌がるようすもなく、週に数回。ほんの少しですが近くの公園で練習をするようになりました。

その成果かどうかはわかりませんが、昨日スクールの試合で、チームメートが繋いでくれたボールをトライすることができました。

そこまで積極的ではない息子がタックルされながらも、トライをする姿に親が興奮・感動してしまいました(笑)

当の本人は感情に出さないけども、

試合の帰りの車中では、
「早くラグビーがしたい!」と。

きっと嬉しかったんだと思います。

我が家の息子を棚にあげましたが、きっと色々なところで、
ラグビー日本代表に影響を受けた子供たちはたくさんいると思います。

ほんと、ラグビー日本代表に感謝です。ありがとう!!

これからはアメフトと合わせてラグビーも応援していきたいと思います!

「アメフトとラグビーってどう違うの?」

この大会期間中、お客様に、そして知人に何度聞かれた事か・・笑。
ちょっとまとめておきます。









 

プロフィール

お客さまとの出会い、ジュエリーとの出会い、仲間との出会い。日々の心温まる出来事を自然体で綴る店長、越野泰明のブログです。

ホームページ

動画でもお店の雰囲気をご覧いただけます。