片方なくしたピアスの使い道・活用法のご提案

ご相談、お問い合わせ:072-702-1646
電話する 相談メール 来店予約 LINEで連絡する

リフォーム事例 詳細

[ No.1624 ] 片方なくしたピアスの使い道・活用法のご提案

 

このジュエリーが生まれ変わるまでストーリー

■ お客様のご要望

片方をなくしてしまったダイヤモンドのデザインピアス。

何か使い道・活用法はないものか?

とご相談をいただきました。

■ リフォームのご提案・ポイント

ピアスを片方失くして、あきらめてしまう方も少なからずおられるかと思います。

そのような方に対策・活用法を2点ほどご提案させていただいています。

(活用法 その1)

残っているピアスを同じものを制作する。

真珠や1粒ダイヤのピアスなどオーソドックスなデザインのものは、同じ品質・大きさのものをご用意してお作りしてお使いいただけます。

(活用法 その2)

デザイン性のあるピアスについては、オーダーメイドでお作りすることも可能ですが、コストが相当かかりますので、

そのような場合は、加工をしてネックレスとしてお使いいただくことをご提案しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回、ご提案さていただいたのが(提案2)のタイプ。

デザイン性のあるダイヤモンドピアス。
1からオーダーメイドで作ると費用かかさむので、

裏面のピアスの芯をカットし、バチカンをつけてペンダントにリメイクさせていただきました。

《費用》
プラチナダイヤピアス(片方) ペンダント加工 ¥11,000


リフォームのポイント
動画・関連事例のご紹介

動画でのご紹介


関連事例のご紹介


片方失くしたダイヤのピアスをネックレスにリフォーム
このページの上へ
箕面のちいさな宝石屋