ルビーの片方ピアスをペンダントトップにリフォーム

電話する 相談メール 来店予約 LINEで連絡する

リフォーム事例 詳細

[ No.1334 ] 片方失くしてしまったピアスの活用法

 

このジュエリーが生まれ変わるまでストーリー

■ お客様のご要望

片方失くしてしまい、1つになってしまって放ったからしになっていたルビーのピアス。

このままで置いておくのもどうかな・・と思い、何か違うアイテムに作ることができたらとご相談をいただきました。

■ リフォームのご提案・ポイント

今回のご相談の場合のように、片方のピアスを失くしてしまった・・

手段・対策としては以下の3点が考えられます。

① 同じデザインのものをご用意して再度、ピアスとして使うようにする。
 デザインや使われてる石によってはコストが高くかかることも

② 残った片方の石を外して、新たな指輪やペンダントにリフォームをする。

③ 石が留まっている部分のみを残して、他のジュエリー(ペンダント、指輪)に改作をする

上記、3パターン以外も、シングルピアスとして片方のみで使う選択肢もありますが、あえてここにはいれませんでした。

今回、お客様がご希望になられたのが③のパターン。

ルビーとダイヤが留まっている花柄の部分のみを残して、ピアスの部分をカット。

そして、チェーンを通すバチカンを取り付けてペンダントにさせていただきました。

①~③の中では最もコストがかからずに作ることができます。

《費用》
プラチナルビー・ダイヤピアス ペンダント加工 ¥ 10,800
Pt45㎝小豆スライドチェーン ¥ 21,600



リフォームのポイント
このページの上へ